世界的な大ヒット作となったバイオハザード

バイオハザード・シリーズの第一弾として「バイオハザード」が1996年PlayStationから登場します。バイオハザードの舞台はラクーンシティ。グローバルな製薬会社「アンブレラ社」が作り出した「T-ウィルス」は街に蔓延してしまいゾンビが溢れかえります。プレイヤーは警察特殊部隊S.T.A.R.Sとなり、ラクーンシティの暴動鎮圧に向かいます。

バイオハザードはゾンビの動きがリアルで、いつゾンビが出て来るのかがわからない緊張感のあるとても不気味なゲームです。ゲームの静寂時には、普段は聞こえてこない心臓の音が聞こえてきてたびびったこともありました。バイオハザードは社会現象をおこす大ヒットとなり119万本を売り上げます。2年後の1998年にはバイオハザード2が発売されることになります。バイオハザードはその後、wii、3DS、パソコン、Xbox 360、 iPhoneなどからも登場しており、2014年までに約89タイトルが発売されています。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

ドラゴンクエスト8について

20歳の頃、ドラゴンクエスト8が発売。当時大学生だった私。奇しくも時期は夏休み、やることはもちろん、、、ドラクエ!!朝起きるとプレステののスイッチをオン!8でアイテムの合成が出来るようになったため日々何を合成すれば強いアイテムや貴重なアイテムが出来るかを研究。自宅にはネットが繋がっていなかったこともあり、大学へ直行しドラクエの攻略サイトをこれでもかと観覧。観覧し終えると自宅へダッシュで帰宅し寝るまでプレステのスイッチをオン!当時交際していた彼女も巻き込み、どこでどんなアイテムが取れるかを探し回ってもらっていた。そんな状態なので1週間のプレイ時間は100時間を越えてほぼ1週間でやることがなくなってしまった。もちろん友人などにこの話をするといつも呆れられる。これだけハマッたドラクエは最初で最後であり、モンスターを捕まえられる5よりも確実に名作である。今後も8ぐらい面白いドラクエが発売することを期待しています。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。